ひとつテンヤ真鯛 in 大原 2016 レポート

2016-09-14

2016年9月10日(土)に開催されたつりジェンヌ釣りツアーでは、男女問わず人気沸騰中の『ひとつテンヤ真鯛』に挑戦していただきました!

dsc_3640


今回はお世話になった船宿『長福丸』様のご厚意で、午前船より遅く、午後船より早い10時出船という電車釣行の女性も参加しやすいイベントスケジュールが実現しました。

当日は朝8時45分から長福丸様の船宿前で受付スタート。開会式ではつりジェンヌスタッフと特別講師の三石忍さんよりまずは 開会の挨拶、そして参加にあたっての注意点などを説明していただいた後に船着き場へ移動。出船前に三石さんから仕掛けの仕組みや餌の付け方、基本の釣り方などを レクチャーしていただいてから、参加者38名がA船&B船の2隻に別れて出船しました。尚、今回のレンタルタックルはグローブライド株式会社様(A船)、株式会社シマノ様(B船)より貸与していただきました。

dsc_3671dsc_3648dsc_3616


出港から30分ほどで最初のポイントに到着。多少の波とうねりがありましたが、程よい風が心地よい海上でした。

パラシュートアンカーを投入し、釣りができる状態に船が落ち着くと船長から「どうぞ!」のアナウンス。乗船前に三石プロから教わった餌の付け方を皆さん一生懸命に実践し、いざ仕掛けを海中へ!

dsc_3676dsc_3693dsc_3713


A船では最初の投入直後、早速1名に何かがヒット!なかなか鋭い引き込みを見せましたがこれは残念ながらラインブレイク。しかしすぐにまた別の参加者にヒット!こちらは無事にキャッチできて、マダイが顔を見せてくれました。

皆さん最初はアタリがわかってもどう合わせて良いかわからず、苦戦していました。しかし講師役のスタッフや船長からのアドバイスを受けながら一人、また一人とヒットできる様になって行きました。

dsc_3721dsc_3727dsc_3732dsc_3769dsc_3795dsc_3800


アタリがわからないまま餌だけ取られたり、アタリがわかっても思った様に合わせられなかったり、急にアタリが途切れたり、隣は釣れてなぜ私は釣れないの?と悩んだり!!皆さんひとつテンヤの難しさと楽しさを味わっていらっしゃったと思います。

この日はマダイ、ショウサイフグ、ヒラメ、ウマヅラハギ、ガンゾウヒラメ、ハナダイなど、多彩な魚種が釣れました。

dscf1040dscf1051dscf1054dscf1061dscf1065dscf1073dscf1079dscf1083dscf1091dscf1098dscf1099dscf1102dscf1104dscf1106dscf1114


予定時間いっぱいまで魚との知恵競べを続けて、15:30に釣り終了。下船後は船宿にて三石さんからショウサイフグの下処理について簡単にレクチャーして頂き、スタッフ挨拶の後に閉会となりました。

参加された女性の皆様、ありがとうございました!

開催概要

開催日  2016年9月10日(土)現地集合・現地解散
参加人数  38名
場所  大原 長福丸
料金  女性 11,000円(ロッド・リール・仕掛一式・氷付き)
スケジュール
8:45 集合・受付開始 長福丸待合所
10:00 出船
15:30 釣り終了
16:15 閉会式・解散



by つりジェンヌ事務局スタッフ


つりジェンヌって何をしているの?

年間イベントスケジュール

Facebookページ

 

Copyright© 2012-2015 つりジェンヌ All Rights Reserved.
SSL グローバルサインのサイトシール